ヒロシキ’s Diary

2歳の男の子と妻のお腹には現在5ヶ月の新しい家族が(o^^o)ラーメンとマラソンが大好きです!

ドラマ 透明なゆりかご第4話「産科危機」感想

こんばんは🌇ヒロシキです🖐

 

今日は妊娠5ヶ月になる妻の検診の日でした🤗

もうグレープフルーツ位の大きさがあるんだとか(o^^o)妻のお腹は目に見えて大きくなってきていますよ🤲

 

今日の検診で性別が分かる予定でした!

1人目が男の子だったので、妻はやはり女の子希望😚私はどちらでも元気に生まれてきてくれれば良かったのですが、いざ分かるとなると、非常にドキドキさせられましたよ笑💓

気になると性別は…😣

 

 

 

なんと脚を完全に閉じてしまっていたので、わかりませんでした!笑笑😂😅🖐 

性別の判別は次回に持ち越しです!

ただ先生曰く、女の子の可能性が高いなぁとのことで、妻もとても喜んでいましたよ🤗まあまだ確定ではないので、気長に次の検診の日を待ちたいなと思います(o^^o)

息子の時は、この同じ時期の検診で、見事にチ○チ○が写っていたんですよねぇ🤣懐かしいです(o^^o)

 

そして今日はNHKドラマの透明なゆりかご第4話の放送日でしたね🤗🤲

前回、第2話の感想を書かせて頂きました。

↓ドラマ 透明なゆりかご第2話感想

hiroshiki.hatenablog.jp

 

3話は残念ながら、あまりしっかりと観られなかったため感想は書かなかったですか、今回はしっかり鑑賞できたし、妻の検診と非常にタイムリーな話題もあったので、経験したことと交えて感想が書けたらなと🤗

 

詳しく内容は割愛しますが、

今日はお産直後にお母さんが命を落とすという非常にショッキングな内容でしたね。

出産において、母子共に健康で終われるということは当たり前じゃない🖐本当に奇跡のような出来事なんだなぁと改めて思い知らされました。

実は、妻は1人目の出産がとてもスピード出産になりました。病院についてから約1時間程で息子を出産し、特に体調を大きく崩すことなく退院することが出来たんです🤗

ドラマでも、日本での母親の出産後の死亡率は、各国に比べて非常に低いと述べられていましたね。

息子の時、私は出産に対する危険度を軽視してしまっていた節があったと思います。

出産時の痛みは色々な表現がされていますが🤣所詮死ぬほど痛いだけで、そこまでリスクがあることではないんでしょ?位に考えてしまっていました。

でも、出産時に感じた苦労や😣実は産後、身体が完治するまでに随分時間が掛かっていた旨を教えて貰ったとき、自分はなんて酷い考えをしていたんだと、激しく後悔させられました。

もっと妻を理解してあげなければならなかった。出産まで呑気に過ごしていた私とは対照的に、妻は1人出産の恐怖と闘っていたんですね。夫として失格です😂

 

出産は常に危険と隣り合わせ。1人目で経験しているからと言って油断は禁物です。妻はこれから出産に対する恐怖と向き合っていかなければなりません。

男の私はあまり役に立ちませんが、出来る限りの準備をして、少しでも不安を解消してあげられたらなと思います🤗もっとお産について勉強しなければいけませんね!

 

最近の息子は遊びたい盛りで、かなりのワンパクぶりを発揮していますよ😂💦

お腹の大きい妻には暫く休憩してもらい、私が息子に全力で向き合っていきたいなと思います(o^^o)

 

それでは🖐

f:id:Hiroshiki:20180811003012j:image